トップページ文化交流懇話会アウトドア語学教室ロシア留学

会長ご挨拶 ПРЕЗИДЕНТ ОБЩЕСТВА

有馬 朗人

特定非営利活動法人・日ロ交流協会会長の有馬朗人(ありま・あきと)です。どうぞよろしくお願いいたします。 元当協会会長の伏見康治先生が亡くなる前、この協会の手伝いをして欲しいというお話がありました。 理論物理学の大先輩であり、日頃尊敬いたしております伏見先生よりの御依頼でありますのでお引き受けさせていただきました。
以前、伏見先生がロシア研究者のための研究費の募金に御努力になっているときお手伝いしたこと、理化学研究所の理事長として日露科学技術協力、特に原子核研究者の交流に努力したことくらいで、特に際だって日ロ交流協会にお役に立った人間ではありませんので果たして会長役が勤まるかどうか心配しておりましたが、皆様のお力添えを得て会長役を勤めている次第です。
ロシアの物理学や化学など基礎科学の研究は伝統的に極めて水準の高いものであり、周期律表のメンデレーフやノーベル賞受賞者のランダウ、カピッツア等々を輩出した国です。 私の専門の原子核理論の研究者にも傑出した人物が多くおります。そのような国ですので私個人といたしましても、ロシアの原子核物理学者との研究上の交流はかなり積極的に行ってきました。優れた研究者の多くと親しい友人としてつき合ってきましたが、MigdalやSorovievなど何人もの人たちが亡くなってしまったことを残念に思います。 ロシアは基礎科学だけでなく技術も優れており、人工衛星特に有人宇宙衛星では、アメリカと1,2を争っていますし、高速中性子炉や融合核反応についての技術は世界で最も優れており、我々は多くのことをロシアより学ばなければなりません。言うまでもなくロシア文学は、小説のトルストイ、ドストエフスキー、チェーホフ等々、詩のマヤコフスキー等々、優れた文人は数限りなくいます。音楽ももう名前を挙げるまでもないことでしょう。
日本とロシアが科学や技術そして文化で大いに交流し、協力していくことは、両国のみでなく、世界の平和のため人類の福祉のために役立つことは明らかです。日ロ交流協会がこのために活躍できればこれに勝る喜びはありません。

おもな受賞歴

1993年 日本学士院賞、ボナー賞(アメリカ物理学会)
1998年 レジオン・ドヌール勲章
2002年 大英帝国勲章(KBE)
2004年 文化功労者、旭日大綬章
2010年 文化勲章